⛵ 今回は呼吸について ⛵
自律神経は肌や内臓の調子にも密接に関わっています。
その自律神経を整えることは呼吸でも可能です。

📚 やり方 📚
姿勢は椅子に座っても、床に胡坐や正座でも、布団や床に横になっても、
自由にしてください。

➀自然に息を吸い、しっかり息を吐きましょう。
 息を吐く時は、胸ばかりでなく、お腹からも息を出すことを
 意識しましょう。

➁吐き切ったら、自然としっかり吸えます。胸やお腹膨らます意識で
 しっかり空気を入れましょう。

もし出来そうでしたら、吸う・吐くの比率を1:2で行います。
1日1回、お好きな時間に5回程~始めましょう。
上限は20回程までです。

身体に十分な空気が入ると「気」のめぐりが良くなり、
鬱々とした気分が軽くなったり、夜中に目が覚める回数が減ったり、
汗や湿気による痒みや肌荒れが多少良くなる可能性があります。

もし上手くできなくても、気にせず、呼吸を意識的に行うことも
大切な事と思ってください。
そして、もし苦しくなったら、無理せず、いつでも自然な呼吸に戻して
ください。

それでも、体調が思わしくない時は、当院にお越しください。
お電話お待ちしております。

引き続き、水分補給・熱中症・紫外線にも注意してお過ごしください。